Chekipon BLOG  
ログイン

好きな【おつまみ】教えて 【FC2ブログ・トラックバック】

2010年11月27日16:24:54

FC2トラックバックです。

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!

今日のテーマは「好きなおつまみを教えてください」です。



水谷は王道(?)の「枝豆」が大好きです。

元々、お酒は強くないのですが、枝豆は美味しいですよね。



「スルメ」や「たこわさ」なども好きです。

「チーズ」系のおつまみもいいですねー!



そういえば、今日は『ボジョレー・ヌーヴォー』の解禁日ですね!

ワインに合う、

第1086回「好きなおつまみを教えてください」





おつまみ、肴、アテ、、、



呼び方は様々ありますが、ここで改めて意味を調べてみると、、、



----------------------------



以下、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

http://ja.wikipedia.org/wiki/おつまみ



肴(さかな)



酒を飲む際に添えて共に楽しむ対象を言う。

必ずしも食品とは限らない。

酒肴(しゅこう)、酒にあてがうことからアテと呼ぶ事もある。

特に肴に向いていて手軽に食べられる食品・料理のことは、

つまみもの(おつまみ)という。



語源



「酒菜」から。もともと副食を「な」といい、「菜」「魚」「肴」の字をあてていた。酒のための「な(おかず)」という意味である。したがって、「さかな」という音からは魚介類が想像されるかもしれないが、酒席で食される食品であれば、肴となり得る。室町時代頃までは、こうした魚肉に限らない用法が一般的だった。



なお、魚類のことを「さかな」と呼ぶのは、肴から転じた言葉である。食べ物として酒と相性が良く肴の代表格であったことから、意味が変化した。古くは「うを」(後に「うお」)と呼んでいたが、江戸時代頃から「さかな」と呼ぶようになった。



食品の肴




酒と共に楽しまれる食品である。何を楽しむのかは人それぞれであり、ある特定の食品を肴にしなければならないといった規則は存在しない。しかし、日本におけるビールに枝豆などのように、ある一定の食品が好まれるといったことも起きている。ワインにチーズ、テキーラに食塩など、有名な組み合わせが存在する。



いわゆる「おつまみ」として、肴向きに考案された食品・料理も生まれている。洋食のコース料理では、オードブルが、肴に当たるものとされる。スペインには、ピンチョスやタパスといった酒とともに楽しむ料理群がある。



肴は単体で出されることは極めて少なく、必ずと言って良いほど酒と一緒に出されるため脇役的な印象を受けるが、カラスミやコノワタ、キャビアやフォアグラと言った高額な肴も存在する。上に挙げた食材は、酒肴以外にも調理して食すことができる(例:カラスミのスパゲティ等)。



医学的には、食品を酒とともに摂取することは、飲酒の悪影響を軽減するために効果がある。空腹の状態での飲酒は急激に酔いが進むため健康によくないが、良質のたんぱく質を同時に摂取することで、アルコールの吸収が緩やかになるとされる[2]。飲酒のペースを緩やかにすることも利点である。アサヒビール株式会社によれば、枝豆や豆腐にはアルコールの分解を助ける成分が含まれているという。他方で、フライなどの油の多い食品は、医学的には肴としてあまり好ましくないという。



食品以外の肴



その酒席に参加している者が楽める事柄であれば、何でも肴となり得る。例えば、盛り上がることのできる話題、盛り上がることのできる芸事、盛り上がることのできる遊びなど、どんな物でも構わない。つまり、酒席で提供される娯楽となり得るものが、食品以外の肴である。



酒の余興として演じられる出しものを指す言葉として、肴謡、肴浄瑠璃、肴舞といった言葉がある。



----------------------------



私は、酒類(アルコール)は苦手なんです。



なので、忘年会、新年会、その他宴会関係は、

なるべくなら避けたいところです。



でも、酔っ払った宴会ではなく、

「楽しく和やかな宴会」の場はとても好きです。



でも全然飲まないかというと、、、

冬場に暖をとるためにほんの少しだけ呑んだりはします。

「たしなむ程度」と呼ぶには及びませんが、、、



ワインを嗜む方へ!半衿と帯留と帯紐の3点セット 葡萄【送料無料】ワインを嗜む方へ!半衿と帯留と帯紐の3点セット 葡萄【送料無料】

()

きものやさん



商品詳細を見る




さて、いよいよ本題です。



【お酒に合うこの1品あれこれ】

おつまみは好きですが、アルコール類はちと弱い。否すごく弱い。

だからおつまみ(アテ)だけで、酒はなくても十分だったりします。(笑



店で売っているもの

 おつまみ用食品、酒屋さんや小売店の酒売場で販売されてますね。

 酒を飲むときに食べるからでしょうか、乾き物(水分が少ないもの)、

 塩気の強いものが多いですね。



居酒屋・ビアホールで頼めるもの



 そう言えば、居酒屋やビアホールっていつから行ってないのでしょうか?

 ごくたまーに行くと美味しいかもです。



自分で作れるもの(妻の手料理)



 料理としてのおつまみは、材料に軽い一手間を

 かけて家庭で作る簡単レシピ!

 はよー自分で料理が作れません。

 は料理、得意な方ですが、

 そもそも、ふたりとも呑まないので、

 晩酌ってことがないんです。

 あ、全く呑まない訳じゃなく、寒い時期には、

 身体をあっためるために

 日本酒を呑んだりしますが、、それはひとりで。



今は酒の肴やおつまみまで本が何冊も出る時代ですね。

手でつまむものは、どちらかと言うと、手がべとつかない、



乾き物
個装された物が好きです。
料理ものは、なるべくカロリーが高くないものを、と想いつつ、、、
ちょっとクセのある食べ物が食べたくなりますね。


おつまみ横丁―すぐにおいしい酒の肴185/編集工房桃庵

¥1,050
Amazon.co.jp




優先順位をつけるなら、



<手軽さ> スナック菓子、ピーナッツ、チョコレート

<欲 求> 珍味(ウニ)、イカもの(さきいか・するめ)、

        魚肉練りもの(かまぼこ・魚肉ソーセージ)

かな、、、

それじゃ折角なので、あれこれとご紹介!



もう一軒 おつまみ横丁―さらにおいしい酒の肴185/瀬尾幸子

¥1,050
Amazon.co.jp



手料理

 の手料理は、天下一品!めちゃ美味しい!!

 だから、あり合わせの物で「おまかせ」で簡単に作ってくれます。



珍味 (ウニなど) 



 世界の三大珍味(キャビア、トリュフ、フォアグラ)は

 滅多にお目にかかりませんが、

 日本の三大珍味と言えば、

  ウニ(塩うに)

  カラスミ(ボラの卵巣の塩漬け)

  このわた(なまこの腸の塩辛)

 ですが好みの珍味と言えば、やっぱりウニです!

海産物加工品(ワカメ・コンブ・海苔など)

 よく乾いた香ばしさが好きです。それにヘルシー!






魚介類の加工品(カワハギ・干し貝柱・タラなど)


 みりん干しの甘みとねちっこさが好きです。



イカの加工品
(さきいか・するめ・燻製など)



 噛めば噛むほどとはよく言ったものです。いか天もいけます。



魚肉練り製品(ちくわ・かまぼこ・魚肉ソーセージなど)

 ちくわ、かまぼこのひんやり感が好きです。
 ソーセージは体調に合わせて魚肉も好きです!


肉製品サラミ・ソーセージ・ビーフジャーキーなど)

 脂身たっぷりなの、、、知らず知らずに手が出ます。



乳製品(チーズなど)



 チーズは日頃から、お世話になりっ放しです。



漬物(梅干・ラッキョウ・各種の菜漬けなど)


 酸っぱさ、しょっぱさ、がよく合います。




豆類(ピーナッツ・ピスタチオ・ジャイアントコーンなど)


 食べやすいのでついつい手が止まらなくなります。





米菓(おかき・あられ・柿の種など)
 ぱりぱり感がいいですね。柿の種等ちょいピリ辛感も。
 食べ出したら、なかなかやまりません。




スナック菓子

 おつまみ用のものも増えてます♪

 やっぱり食べ出したら止まりません。

 お酒よりこっちメインになってしまいます。



菓子果物(チョコレート・クッキー・ドライフルーツなど)



 アルコール度数の高い洋酒に合うとされますが、、、

 そもそもチョコとフルーツに目がありません。



簡単!旨いつまみ―今宵の肴は自分で作る アイデア自慢の速効レシピ102品 (GAKKEN HIT MOOK)

¥880
Amazon.co.jp