Chekipon BLOG  
ログイン

【2度目の奥の手】【3つの大仕事】【最後の最後に】大切なこと

2010年11月30日22:31:12

今年後半、大きな仕事が3つありました。



その1:10月末納期の仕事




こちらは毎年恒例の仕事ですが、今年変更された点が幾つかあり、対応に四苦八苦でした。

8月には準備に入ったのですが、9月半ばからヒーフーハーフーでした。

可能な限り早めに準備はしましたが、クライアント(顧客)企業からの資料待ちのため、結局はギリギリに。

「奥の手」で何とか乗り切れました。やれやれ。



------------------------------------------------------------







たいせつなこと



マーガレット・ワイズ・ブラウン/レナード・ワイスガード

フレーベル館(絵本)



世界中でながく愛されつづけている『おやすみなさいのほん』

のマーガレット・ワイズ・ブラウンとカルデコット賞受賞画家の

レナード・ワイスガードのコンビが贈る一冊。

日々、目に映るもの達を新鮮な驚きをもって自由に捉えたこの本は、

1949年に最初に出版されて以来多くの人々に読み継がれている。



スプーンは食べるときに使うもの。でもスプーンいとって大切なのは、

それを使うと上手に食べられるということ・・・。



大切なことは何か、一つひとつのものについて、語りかけてゆきます。

ひなぎくは しろい、あめは うるおす、くさは みどり・・・。

あなたは あなた。あなたにとってたいせつなのは・・・?



あなたが あなたであること



------------------------------------------------------------



その2:11月8日提出期限の仕事



一息つく間もなく、11月8日提出期限の仕事に集中しました。

こちらは夏からの長期戦ですが、コツコツ準備を進めて来たところ、10月半ばにとある事情で振り出しに戻ってしまいました。

本来なら諦めてしまうところですが、何とか立て直し、クライアント(顧客)企業の社長の頑張りもあり、代替案でことをすすめていきました。

こちらもギリギリセーフ。最終日の最終時間の4時間前に提出できました。



------------------------------------------------------------







ご存知超有名なアンデルセンの童話、

『みにくいアヒルの子』モビール☆

最後の最後のアヒルが・・・

可愛そうですが見るからに・・・

『みにくいアヒルの子』でしょう。

飾って童話を読み聞かせましょう♪



------------------------------------------------------------



その3:11月末期限の仕事




最終日前日の昨日迄に、クライアント(顧客)企業からこれといった連絡はなくこのまま無事終了かと思いきや、、、

最終日の今日の朝、クライアント(顧客)企業の社長から電話があり、事前に聴いてた話と違う話に。

「話が違う」とか言ってる場合ではありません。慌てて対応、、、、なんでやねん。

何だかんだで、午後4時過ぎに任務完了。



その1同様、「奥の手」である“当日消印有効”を使った訳ですが、これは望ましい選択ではありません。

本来なら前もってアポイントメントをとった上、提出先に書類を持参し、その場でチェックして頂き、質疑応答を経て何事もなければそこで終了なのです。ところが書類送付なので、結局は先延ばしに過ぎず、後日改めて訪問することになります。

それでも、間に合わないよりはマシですが。。。





その1、その2が終了する迄は、ほとんど家庭を顧みず、ひたすら仕事に集中していました。

その2終了後、少し余裕ができ、家庭に目を向けることができました。

しかしながら、その1、その2が終了した安堵感から、少し気が緩んでしまってました。

そのせいか、ここ2・3日は非常に体調を悪くしてしまいました。

でもここは踏ん張りどころ。何とか頑張れました。



しかし、夕方4時過ぎに郵便局から帰って来た後、急に胸が苦しくなって来ました。

そのまま、暫くベッドで横になり、、、夕方6時頃にに声を掛けられるまで寝入ってしまってました。



お陰様で、すぐに横になったのがよかったのか、目を覚ました後は回復基調です。

との入浴時は、寝起きのせいか、少ししんどかったですが、の笑顔に癒されました。



------------------------------------------------------------







作家の花道



室井佑月  集英社(集英社文庫)



お金もコネも学歴もないけど、それでも作家になりた~い!

大いなる野望を胸に秘め“銀座の女”で糊口をしのぎ、

遂に文壇デビューを果たしたご存じムロイの体当たりエッセイ。

酒と煙草と過食にまみれながら待望の処女作刊行に

こぎつけるまでの「六本木野望篇」。

その後の人生を大きく変えた電撃結婚、

出産までをつづった「栄光への序曲篇」。



六本木野望篇―一九九七年十二月~一九九八年六月

(スッポンにこだわってこそ作家だ/リアリティーを追求したい/最後の最後は力で勝つ/物書きの孤独/将来の不安 ほか)



栄光への序曲篇―一九九九年二月~二〇〇〇年九月

(作家・生態系ピラミッド/仕事運、男運/有名人運は不幸とともに/ほんとうの才能は…/罠の臭い ほか)



------------------------------------------------------------



そして、明日から師走(12月)



あともう1つ。年内にやらなければならない仕事があります。

が、今日はひと先ず、休憩。明日も休養をとりたいと想います。





この秋以降、随分、自分の寿命を縮めてしまったようです。

未だ、はもう少しで1歳と3カ月。まだまだ長生きしなければいけません。



-------------------------------------------------------------------------



 【チェキポン【chekipon web】

       滋賀のエンタメ情報&ブログサイト】


 

 【‐平々凡々な日々‐】とある技能士の日常



 ◆滋賀県彦根市在住 妻と娘との三人暮らし◆ 

  ~しばしば子育て、時々仕事の日記~


 

-------------------------------------------------------------------------







運命の人と出会う日までにしておく大切なこと



石井希尚  すばる舎



「この人だ!」と確信できる出会いは、必ずある!でも、ただ待ってる

だけではやってきてくれない―超人気恋愛・結婚カウンセラーが教える、

ずっと望んでいた最高の恋愛を引き寄せる法則。



第1章 ベストパートナーには必ず出会える―まずはそれを信じよう

第2章 運命の出会いに近づく恋愛、遠まわりするだけの恋愛―“肥やし”になる恋をしよう

第3章 あなたが一番あなたらしくいられる相手を探そう―「本当に必要なもの」を自覚する

第4章 「自分の時間」をちゃんと持っていますか?― 「彼がいて私がいる」にならないために

第5章 「愛されたい人」に愛される女性になる!―「媚びないけど、とびきりかわいい」私の作り方

第6章 「この人こそ運命の人!」をジャッジする―最後の最後まで、冷静さを失わない