Chekipon BLOG  
ログイン

【娘の初体験】淡海子育て応援カード【初詣】多賀大社北野神社

2011年01月06日23:33:42

琵琶湖の畔、ひこにゃんが住む町(滋賀県彦根市)に、一人、一人の三人家族で静かに住んでいます。

昨日、遅ればせながら、初詣に家族三人で行って来ました。



子どもが未だ歩き始めのため、天気がよくて足元がよい日をと想っていましたら、昨日になりました。



11時過ぎに自宅を出て、、、



1.多賀大社 http://www.tagataisya.or.jp/



 お昼少し前に着きました。

 三が日が過ぎてしまってましたが、意外や意外、結構混雑していました。

 大晦日から元旦にかけての大雪で年越し参りとかが少なかったのでしょうか?

 お陰で、賑やかで、初詣らしい気分を味わえました。



 多賀大社に程近い臨時駐車場に自動車を駐車して歩きます。

 歩き始めたは、よちよちならぬよたよたと、でも楽しそうに歩きます。

 でも、人が多くなってくると、抱っこします。

 すると余程歩きたいのか、束縛されたくないのか、もがきます。(笑



 は普通のズック(靴)は履いて近所を散歩したりしてたんですが、、ブーツを履いて歩くの、初めてだったんです。

 でも、とても上手に歩きます。よたよたと。時々、地面の何かが気になるようで、かがんだりしますが。。(微笑

 はずいぶん大きくなってきたなぁと想っていたのですが、とふたりしての両手を繋いで歩くと、 

 まだまだちっちゃいなーと感じます。



  【ごりやく】延命長寿、厄除け、縁結び、家内安全、交通安全 (上記ホームページより)

  ってことで、たっぷりと拝んで来ました。(微笑

  のためにも、長生きせねば。(微笑



  お多賀さん(多賀大社)と、お伊勢さん(伊勢神宮)のお札とのお守りを買いました。



  帰り道。出店も昔とは違ってきてるなー、とか思いながら、ベビーステラだけ買って食べました。







おせちいっかのおしょうがつ



わたなべあや 佼成出版社(クローバーえほんシリーズ)



きょうは、おおみそか―。はこださんちは、お正月のじゅんびでおおいそがし。そして、じゅうばこのなかのおせち一家もおおいそがし!ふたごのかまぼこ、こうちゃん、はくちゃん、だてまきママに、くわいパパ、えびばあちゃんに、たたきごぼうじいちゃん…。たくさんのおせちたちといっしょに、たのしいお正月をむかえましょう。



「日本のお正月風景」茶の間、こたつ、お正月飾り、お風呂、畳、布団、神社に夜店…

「じゅうばこ」「じょやのかね」「はつもうで」「けいだい」「はいでん」

--------------------------------------------------------------------------------------



その後、、、、

2.ココス彦根店(彦根市原町)で昼食です。



 初詣には相応しくないかも知れませんが、娘(幼児)が食べられる店となると、、、

 ってことで、【淡海子育て応援カード】をしっかり使って、食べました。



 【淡海子育て応援カード】



  対 象:18歳未満の子どもが1人以上いる世帯、妊娠している方がいる世帯

  メリット:「淡海子育て応援団」に登録された店でカードを提示すれば、割引・特典などのサービス等が受けられます。



その後、、、、が自動車の中で寝てしまったし、

を家まで送って、私一人で、



3.天満宮 北野神社



  こちらは、三が日を過ぎて、、、来たる十日ゑびすを前にして、、、

  天気も悪くなってきたためか、、、人影まばらで少し寂しかったです。



  拝んだ後、お札を買って足早に帰りました。



 1.多賀大社 3.北野神社 で戴いた3つのお札を

 神棚に納めて、終了――。



-------------------------------------------------------------------------



 【チェキポン【chekipon web】

滋賀のエンタメ情報&ブログサイト】




【‐平々凡々な日々‐】とある技能士の日常



◆滋賀県彦根市在住 妻と娘との三人暮らし◆ 

~しばしば子育て、時々仕事の日記~


 

-------------------------------------------------------------------------

正月と言えば、、、、渥美清、寅さんって時代がありましたねー。

古き佳き時代。昭和―







『喜劇 初詣列車』/DVD



出演:大泉滉/ピンキー・チックス/トシ伊藤とザ・プレイズメン ほか

監督:瀬川昌治 脚本:舟橋和郎



渥美清、西村晃、佐久間良子、瀬川昌治(SEGAWA MASAHARU)



東映ビデオ(株)



渥美清、佐久間良子共演による、人情喜劇・列車シリーズの第3作。可愛い妻子と幸せに暮らす上田新作は長距離列車の車掌。ある日、乗務中に幼なじみの美女と偶然にも再会した新作が、彼女の悩みを解決するため奔走する。



上田新作は、国鉄で働く長距離列車の車掌。しっかり女房・幸江と可愛い娘・鞠子とともに平凡だが幸せな日々を送っていた。^.^そんなある日、先輩車掌の野々宮とともに、上越線の急行列車に乗務中、幼なじみの坂本美和子とバッタリ遭遇。小さい頃から憧れの君であった美和子は、今なお楚々として美しく、すっかり舞い上がった新作は何かにつけて話しかけるが、美和子の表情はどこか寂しげだった。^.^その夜、新潟の街に遊びに出た新作は、そこで芸者姿の美和子を発見。酔客にからまれていた美和子を助けた新作は、親切にも彼女の家まで送り届けるが、そこでお色気話とは無縁の彼女の不幸な身の上話を聞かされる。新潟地震で両親を失い、唯一の肉親である弟・研吉は東京で行方不明。美和子は、生活のために芸者になったという。そんな彼女のために何かをしてあげたいと痛切に感じた新作は、研吉を見つけだすことを決意。東京に戻ると早速、研吉探しに奔走するが、なぜか妻の幸江が浮気していると誤解して、事態はあらぬ方向へ-!



東京-新潟を行ったり来たりの恋愛珍道中!主演・渥美清が、瀬川昌治監督と組んで人気の「列車」シリーズ第3弾。^.^雪の新潟、いで湯とスキーの越後湯沢、新幹線での伊勢初詣と、風光明媚な日本列島を魅せながら、渥美清、佐久間良子、西村晃、中村玉緒ら豪華キャスト陣が心温まる人間模様を繰り広げていく。正月の顔、日本人の顔ともなった「男はつらいよ」の原点とも言うべき傑作喜劇シリーズの完結篇。



【映像特典】フォトギャラリー/予告篇/特報